知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

イワシのウロコが剥がれやすい理由

イワシの群れの写真

イワシは、漢字で「鰯」と書きます。「魚偏に弱い」と書くとおり、中型魚(ブリやカツオ等)に食べられてしまう弱い魚です。

料理をするときも、簡単で手でさけるほど柔らかい身です。

ウロコをはがすのは身を守るため

イワシは弱い魚であるがゆえ、防衛手段として仲間で集まって行動します。

中型魚が襲ってくると、すぐに群れをつくってかたまります。

そして、食べられそうになると、自らウロコをはがして散らばり、逃げます。

イワシは、皮膚に密着した円鱗(えんりん)という滑らかなウロコで体を保護していますが、身を守るため、簡単にはがれるようになっています。

海に住む生物は、いろいろな方法で身を守ります。(「擬態」や墨を吐くとか)

関連記事

動物の雑学

サーチアイレット > 教えて知恵袋 > 動物の雑学 >

植物の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ