知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [検索アイレット]
検索アイレット

昆虫は優秀な天気予報士!

アリの写真

昔の人は、夕焼けや月の観察から天気を予測してきました。

その中に、昆虫を観察する方法もありました。

敏感な昆虫の体

「アリが巣の出入り口をふさぐと大雨が降る」と言われますが、これは本当です。

アリは触覚や体に生えている細かい毛で、低気圧や空気中の湿度が下がるのを感じ取ります。

感覚子と呼ばれる小さな毛には、味、温度、音等を感じられるものがあります。

「ハルゼミが鳴いたら晴れる」というのも本当。

6~7月に鳴くエゾハルゼミやヒメハルゼミは雨の日は鳴かず、雨が小降りになってきて鳴き始めると、間もなく晴れます。

エゾハルゼミやヒメハルゼミは、明るさや気温の変化に敏感だからです。

関連記事

動物の雑学

検索アイレット > 教えて知恵袋 > 動物の雑学 >

植物の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

役立つ情報の検索に