知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [検索アイレット]
検索アイレット

ニワトリも産卵期があった

ニワトリの産卵の写真

現在のニワトリは、おおよそ1日で1個に近いペースで卵を産み続けます。

しかし、人間が品種改良する前のニワトリには産卵期がありました。

ニワトリの産卵期

ニワトリは「キジ科」の鳥。

他の鳥と同様、春に卵を産んでいました。

しかし、卵の生産性を上げるため、人間が品種改良を重ね、また、飼育の際に、産卵を促進させるようにして、毎日卵を産むようにしたのでした。

光の刺激で春と勘違いする

養鶏場では、電灯の光でニワトリの脳下垂体を刺激して、性腺刺激ホルモンを分泌させて産卵を促進させています。

簡単に言うと、強めの光を当てることで、毎日が春であるかのように錯覚させて産卵させているわけです

ちなみに、産卵ペースが落ちたニワトリは食肉へ…。

人間のエゴだが、感謝

なんだかムゴイ話にも思えますが、人間が動物・植物を食することに関しては、こういった品種改良や成長を促進させることは、ほとんどのモノにされているわけで、際立って問題視されることでもないでしょう。

しかも、毎日産卵してくれるようになったおかけで、卵を使った美味しい料理をいただけるのですから。

「卵かけご飯」なんかシンプルだけど、最高ですよ。

ニワトリに感謝しつつ、卵をいただきましょう。

関連記事

動物の雑学

検索アイレット > 教えて知恵袋 > 動物の雑学 >

植物の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ