知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [検索アイレット]
検索アイレット

ペットの輸血方法

動物病院の写真

犬や猫のペットも、出血が多い怪我をした場合は、人間と同じく輸血を行います。

ペットの場合の輸血はどのような方法で行われるのでしょうか?

輸血専用の献血犬・猫からもらう

意外と知らない人は多いと思われますが、実は、大抵の動物病院では、担ぎ込まれる犬や猫の輸血に備えて、輸血専用の献血犬と献血猫を飼っています。

ただし、人間の輸血と違うのが、多くの場合は全種類の血液型の輸血用の血があるとは限りません。

犬や猫にも血液型があります。動物の血液型をちゃんと調べるためには大学病院並みの大がかりな実験設備が必要です。一般の動物病院にはそんな設備がないのがほとんどです。

そこで、事故等で出血の多いペットが担ぎ込まれると、まず動物病院では怪我をしたペットの血液と、輸血用血液を一緒にして遠心分離器にかけます。

結果が出て、双方の血液が固まらなければ輸血は行われますが、一緒に遠心分離器にかけた血液がドロドロに固まってしまった場合は、輸血を断念するというのが現状です。

ペットが怪我をしたときは、家族同然ですから手を尽くしてあげたいでしょうが、以上が現状です。

事前に、輸血体勢が整っている動物病院を探しておくことも必要かもしれません。

関連記事

動物の雑学

検索アイレット > 教えて知恵袋 > 動物の雑学 >

植物の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ