知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [検索アイレット]
検索アイレット

「not yet」の意味と用例

肩に手を置いて止める人の写真

not yetの意味

「まだ」「今は未だだ」という意味です。

not yetの用例(誤用防止)

映画『グラディエーター』のシーンで「not yet」というセリフがあります。

日本語字幕では「いつか」という翻訳です。ストーリーや会話の流れ等から、「いつか」という字幕にしたのかもしれませんが、これは正しい和訳ではありません。

その証拠に、最初の「not yet」の前に「but(でも、しかし)」と言っており、「でも、まだだ」という意味の方が正しい和訳に感じられます(実際、正しい訳です)。

映画は観る人によって随分感じ方が違うものです。このシーンだと、家族を思う気持ちを強く表現したかったかのようにも受け止めることもできましょうが、「家族は待ってるけど、まだ死んじゃだめだ」というメッセージとも受け止められます。

英語の一般的な表現から考えると、「まだだ」という意味が正しいです

「not yet」の用例(比較的正しい和訳)

映画『ミッション・インポッシブル3』の場面で「not yet」が2回使われます。

「You are OK?」の後に、ゼーンが「not yet」と言います。和訳では「待って」ですが、意味合いとしては「まだよ」という意味に捉えられます。

映画の中の最後の方のシーンで、もう一度トム・クルーズが「not yet」を使いますが、その時の和訳はハッキリ「まだだ」でした。

「not yet」の用例(正しい和訳)

映画『タイタニック』の最後の方のシーンで「not yet」が出て来ます。

完全に「まだ早い」と字幕表記されます。

よく使われるフレーズ

簡単な日常英会話

検索アイレット > 教えて知恵袋 > 簡単な日常英会話 >

名言や格言集

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

世界各国のニュース速報

今日は何の日カレンダー

役立つ情報の検索に