知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

ブロイラーの羽のむしり方

ブロイラーの写真

短期間で急速に成長させる狙いで作られた鶏の品種であるブロイラー。第二次大戦後に日本にも普及しました。

近頃では、ブロイラー工場は、ほぼオートメーション化されました。

湯漬け、脱毛機、焼き

まず、血抜きされた鶏は、毛穴を広げ、羽をむしりやすくするために、60度前後の湯に数十秒つけます。

湯漬けされた鶏は、高さ60センチ、直径1メートルほどの円筒形の脱毛機の中に入れられます。

脱毛機の内部には、ゴムの突起がたくさんついていて、鶏が中でぐるぐる回ると、突起に触れるたびに羽が抜けていく仕掛けになっています。

脱毛機で、ほぼ羽をむしりとられた鶏は、次の工程でバーナーで短時間焼かれます。短時間約ことで、細かな産毛まで全てなくなるのです。

実に効率のいい羽のむしり方のように思えます。

関連記事

食べ物の豆知識

サーチアイレット > 教えて知恵袋 > 食べ物の豆知識 >

人の体の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ