知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [検索アイレット]
検索アイレット

カレー蕎麦は誰が考えた?

カレー蕎麦の写真

カレー蕎麦は明治42年に考案された食べ物です。

東京本所(現在の墨田区)の「朝松庵」という蕎麦屋の角田酉之介さんが考え出しました。

洋食ブームに対抗しようと考案するも…

当時の世の中は洋食がブームで、日本蕎麦屋は苦しい経営が続きました。

角田さんは洋食ブームに対抗しようと、「蕎麦と洋食を組み合わせられないか?」と考え、発案したのが「カレー蕎麦」でした。

しかし、カレー粉を「かつおだし」と「つゆ」で延ばすというカレー蕎麦は、最初はまったく売れませんでした。

角田さんは、「東京でダメでも食い倒れの町大阪ならどうだろう?」と、大阪に乗り込み、知人の経営する蕎麦屋でカレー蕎麦を売り出したところ、大当たり。

角田さんは自信を得て、再度東京でカレー蕎麦を売り出しました。しかし、東京ではあまり売れず、ようやくクチコミで人気が広がったのは、大正時代に入ってからだそうです。

関連記事

食べ物の豆知識

検索アイレット > 教えて知恵袋 > 食べ物の豆知識 >

人の体の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

役立つ情報の検索に