知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [検索アイレット]
検索アイレット

九州のラーメンのスープの多くは白い理由

豚骨ラーメンの写真

九州のラーメンと聞けば、白いスープの豚骨ラーメンを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?

しかし、豚骨ベースのスープのラーメンは全国的に普及しています。ところが、スープの色は白ではないラーメンもたくさんあります。

同じ豚骨ベースのラーメンでもスープの色も味も違うのはなぜでしょう?

豚骨を煮込む強さの違いで白くなる

スープを作る際、豚骨の煮込み方で、色も味もかなり異なります。

九州のラーメンの多くは、豚骨を入れた鍋を強火で二日間ほど煮込むそうです。するとスープは白濁してきます。

それほど強く煮込まなければスープは白濁しません。

豚骨が原型をとどめる程度の煮込み方と、原型がわからなくなるくらい煮込むことによって、豚骨エキスのスープへのしみだし方が違ってきます。

この豚骨の煮込み方の違いが、スープの色と味の違いになります。

関連記事

食べ物の豆知識

検索アイレット > 教えて知恵袋 > 食べ物の豆知識 >

人の体の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ