知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

日本酒のアルコール度数は何度くらいまで高くできる?

日本酒の写真

ウイスキーやブランデー等の蒸留酒は、アルコール度数は40度以上がほとんど。

しかし、日本酒は、どんなにアルコール度数を高くしようとしても、20度程度が限界です。それ以上は無理。

なぜでしょう?

酵母の働きと関係する度数

日本酒は、酵母の働きによって、米の糖分をアルコールに変化させることによってできます。

しかし、アルコール量がある程度まで増えると、酵母の働きが止まってしまいます。

つまり、酵母は自分が作り出したアルコールによって殺菌されてしまうのです。

その際のアルコール濃度は、醸酵の条件や酵母の種類で多少変わりますが、だいだいの度数は20度前後になります。

ウイスキー等はなぜ度数が高い?

ウイスキー等のアルコール度数が高いのは「蒸留」するためです。

水の沸点は100℃、アルコールの沸点は78.5℃だから、その間の温度にしておけば、アルコール分だけが蒸発します。

蒸発したアルコール分を集める仕組みを作れば、度数を高くすることができるわけです。

関連記事

食べ物の豆知識

サーチアイレット > 教えて知恵袋 > 食べ物の豆知識 >

人の体の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ