検索アイレット

黒いレーズンと白いレーズンの違い

レーズンの写真

レーズン(干しぶどう)には、黒いレーズンと白いレーズンがあります。

黒と白で何が違うのでしょうか?

製造過程の違いで色が変わる

レーズンの原料になる葡萄には、いろいろな種類がありますが、一番よく使われるのが淡黄色の種なし葡萄のトンプソン種と言われるものです。

淡黄色のぶどうのトンプソン種を、直射日光で乾燥させると、黒いレーズンが出来上がります。

一方、同じトンプソン種のぶどうを石灰水につけたり、硫黄でいぶす等の加工をし、乾燥させると白いレーズンが出来上がります。

レーズンの色が黒いか白いかは、品種ではなく作り方の違いによるものです。

関連記事

食べ物の豆知識

検索アイレット > 教えて知恵袋 > 食べ物の豆知識 >

人の体の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

検索アイレット - 役立つコンテンツ