知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [検索アイレット]
検索アイレット

レタスやキャベツは緑黄色野菜ではない

白色野菜の写真

緑色をしたレタスやキャベツは、緑黄色野菜と思われがちですが、実は違って、白色野菜です。

野菜には、緑黄色野菜(有色野菜)と白色野菜(淡色野菜)があります。これを区別するのはなかなか難しいです。

見た目ではなく、カロチンの量で区別

レタスやキャベツは、緑色をしていますが、緑黄色野菜ではありません。見た目の色で区別するわけではないからです。

緑黄色野菜から白色野菜かは、体内に入ってくるビタミンAに変わるカロチンという色素の量によって分けられます

一般には100グラムあたり600マイクログラム以上のカロチンを含む野菜を緑黄色野菜、それ以下を白色野菜と呼びます。

レタスもキャベツも栄養ある

しかし、レタスやキャベツも栄養はあります。

キャベツは、ビタミンCやビタミンUが豊富で、さらに、がん予防効果があるとも言われています。

レタスは、ポリフェノールの一種を含んでいます。また、鎮静作用のある成分がわずかに含まれており、レタスには「軽い鎮静作用、催眠促進」の効果があると俗に言われています。もっとも微量なので、たとえ1玉食べても効果があるわけではありませんが、人間の体内に蓄積されていけば、体に悪いわけがありません。

関連記事

食べ物の豆知識

検索アイレット > 教えて知恵袋 > 食べ物の豆知識 >

人の体の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ