知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

果樹園のリンゴの木の丈が低い理由

リンゴの木の写真

果樹園のリンゴの木の高さをみて、「普通の木より低いなぁ」と思ったことはありませんか?

元々のリンゴの木は丈の高い木でした。

リンゴの木の原種は高さ数十m!

リンゴの木の原種は、元々丈は高くなる種類の木で、リンゴの野生樹には幹回りが約3メートル、高さ数十メートルにも大きくなるものもあります。

しかし、あまりに木の丈が高くなってしまうと、栽培にコストがかかってしまいます。

例えば、収穫だけのことだけで考えても、すごく高いハシゴを使用したり、あるいはクレーン車を使ったりでもしなければ、リンゴを採取することができません。

品種改良によって丈が低くなった果樹園の木

そこで、リンゴを収穫・栽培しやすいように、リンゴの木の高さが低くなるように品種改良されました。

つまり、果樹園のリンゴの木の丈が低いのは、品種改良を重ねた結果です

リンゴの木の高さが低くなったことで、剪定がしやすくなったり、農薬を使うにも便利になりました。

また、特に日本では、台風の際に「木の丈が低い方が倒れにくい」という理由も大きいようです。

関連記事

食べ物の豆知識

サーチアイレット > 教えて知恵袋 > 食べ物の豆知識 >

人の体の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ