知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [検索アイレット]
検索アイレット

赤ワインの保存に適した温度はどれくらい?

赤ワインの写真

ワインを飲むときに、「赤ワインは室温で、白ワインは冷やして飲む」のが飲み方の言わば常識。

赤ワインを冷やさずに飲むのには、それなりの理由があるからです。

フランスと日本の気候の違いを考えて!

赤ワインの魅力の一つは香りです。ブーケ(樽やビンの中で熟成されたワインの香り)とも言われるように、香りも楽しみの一つです。

そのため、赤ワインを冷やしてしまうと、せっかくの香りの楽しみが半減してしまいます。

そのためフランスでは、少なくとも飲む前日には貯蔵庫から出し、室温になじませてから飲むのが一般的です。

ボトルを立てて置くのは、ワインの中の澱(おり)をボトルの底に沈めるためです。

ただし、これは「フランスの話」です。

日本よりも緯度の高いフランスでの室温の感覚は15~16℃。高くても18℃が限界。フランスの緯度は北海道と同じくらい高緯度です。

つまり、日本の室温の感覚よりもかなり低いことを覚えておくと良いと思います。

うっかり高価なワインを日本の室温で保存すると、台無しになってしまうこともあるから要注意です。暑い季節なら尚更です。

関連記事

食べ物の豆知識

検索アイレット > 教えて知恵袋 > 食べ物の豆知識 >

人の体の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

役立つ情報の検索に