知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [検索アイレット]
検索アイレット

平安美人の長い髪の洗髪方法

平安時代の女性の写真

平安時代、身分の高い・貴族女性ほど、髪を長く伸ばしていました。平安時代の絵図からもそれがわかります。

当時は、長い髪を持つことが美人の第一条件であったため、女性たちは様々なことをして髪の毛を伸ばしていました。子どもの頃に毛根を刺激したり、養毛効果があると信じられていたツゲのクシを使ったり。

しかし、髪が長くなると大変なのが「お手入れ」。1000年も前の女性たちはどうやって髪を洗っていたのでしょうか?

タライや河原で洗髪

まず、室内を衝立で仕切り、中に畳を敷いてタライを置き、そこで貴族女性は十二単を脱ぎ、タライで髪を洗ったそうです。

また、若い女性には、河原で髪を洗う人もいたとか。

川の中に入り、水の流れに髪をなびかせて洗ったそうです。当然薄着になるので、外から見えないように川の中に囲いを作ったそうです。

時代は違えど、映画『ラスト・サムライ』で、崖から滴る水で髪を洗うシーンもありました。

1000年前の歴史ですが、恐らく本当にそうしていたのかと思われます。

関連記事

歴史の雑学

検索アイレット > 教えて知恵袋 > 歴史の雑学 >

日常生活の豆知識

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ