海外の日本人のイメージが「メガネに出っ歯」

教えて知恵袋
 

「メガネに出っ歯」海外の日本人のイメージが定着したのは?

欧米の風刺マンガに描かれる日本人の姿は「メガネに出っ歯」であることがほとんどであった一昔前。

映画等でも、典型的な日本人のイメージとして「メガネに出っ歯」が笑いのネタにされました。

「メガネに出っ歯」の日本人のイメージが、海外に定着したのはなぜなのか?

「メガネに出っ歯」の日本人の風刺画

漫画雑誌『ジャパン・パンチ』の影響

「メガネに出っ歯」のイメージの日本人が最初に登場したのは、今から100年以上も前のこと。

明治初期に東京で発刊された漫画雑誌『ジャパン・パンチ』の1875年8月号に、イギリス人画家のチャールズ・ワーグマンが描いた日本人の姿が「メガネに出っ歯」でした。

「メガネに出っ歯」の日本人が描かれた『ジャパン・パンチ』を、当時日本を訪れた欧米人が、お土産として持ち帰ったのをきっかけに、日本人の「メガネに出っ歯」のイメージが欧米社会に広まって、定着してしまいました

ちなみに、欧米で描かれる日本人のイメージは、「メガネに出っ歯」に加え、首からカメラをぶらさげた姿の絵も多かったようです。

決して格好がよいとは言えませんが、「ちょんまげ」のイメージよりはまだマシだったかもしれませんね。

関連する歴史の雑学
食べ物の雑学 人体の雑学 動物の雑学 植物の雑学 自然の雑学 生活用品の雑学 日常生活の雑学 歴史の雑学 スポーツの雑学

検索アイレット > 教えて知恵袋 > 歴史の雑学 >