日本で初めて乳がんの摘出に成功したのは?
知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

日本初乳がん摘出成功

華岡青洲の写真

1805年10月13日、那賀郡の医師・華岡青洲(はなおか せいしゅう)が、初めて全身麻酔による乳がん摘出手術に成功しました。

江戸時代にお手柄!華岡青洲

それまで不治の病とされた、がんの治療技術が飛躍的に進歩すると期待されたそうです。

手術に用いた麻酔薬はマンダラゲ草を主原料とした「通仙散」と呼ばれるもので、華岡青洲が長年かけて発明したもの。

華岡青洲は、内科を吉益南涯に、オランダ流外科を大和見立に学んだ後、内外科を一体化した臨床外科や全身麻酔による手術の研究を進めた結果でした。

関連記事

歴史の雑学

サーチアイレット > 教えて知恵袋 > 歴史の雑学 >

日常生活の豆知識

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ