知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [検索アイレット]
検索アイレット

お辞儀の由来

お辞儀をする人の写真

日本人がお辞儀をするようになったのは、大化の改新(645年)頃からと言われています。

お辞儀のルーツは、実は「土下座」であったそうです。

中国の立礼を真似て天皇が統一

大化の改新より前は、日本人は目上の人に対しては土下座をしていました。

邪馬台国について記された『魏志倭人伝』にも、土下座に関することが記されています。

しかし、大化の改新の際に土下座を止めて、お辞儀に変更されました。

お辞儀は中国の立礼を真似たもので、頭を下げることで無防備であることを示し、攻撃意志のないことを表現しました。

ただし、大化の改新以降も、お辞儀はなかなか広まらなかったので、天武天皇が土下座を禁止して、立礼に統一するという「おふれ」を出して、ようやくお辞儀が日本人の間に広まりはじめました。

関連記事

歴史の雑学

検索アイレット > 教えて知恵袋 > 歴史の雑学 >

日常生活の豆知識

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

世界各国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ