富山県には置き薬・配置販売業(売薬)が多いのはなぜ?
知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

なぜ富山県には置き薬が多い?

富山県の薬売りオブジェの写真

「置き薬」と言えば富山県。かつては「売薬」と呼ばれた薬売り方式は、今では「配置販売業」と名称を変えて有名です。

また、現在も富山県には製薬会社が多く存在します。

富山県が置き薬で有名になったのはなぜでしょう?

富山藩主の前田生甫の「反魂丹」

300年ほど前の江戸時代にさかのぼります。

江戸城内で、三春藩主の秋田河内守が、突如腹痛に苦しみ出したとき、たまたまその場に居合わせた、富山藩主の前田生甫(まえだまさとし)が「反魂丹(はんごんたん)」という薬を秋田河内守に与えたところ、あっという間に腹痛が治ったそうです。

この出来事によって、富山の薬は一気に全国的な知名度を得ました。

更に、富山の薬を有名にしたのは「売薬」と呼ばれた行商スタイルです。(現在は「配置販売業」と言います。)

まず、各家庭に許可を得た販売業者や配置員が薬を置きに来ます。料金は薬を使った分だけ支払うという方式です。(後日集金に来ます。)

「先用後利商法」が人々に喜ばれ、ますます有名になりました。

関連記事

歴史の雑学

サーチアイレット > 教えて知恵袋 > 歴史の雑学 >

日常生活の豆知識

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ