知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [検索アイレット]
検索アイレット

吐く息の酸素の量は?

息を吐く人の写真

呼吸は「酸素を吸って、二酸化炭素を吐く」ことです。

しかしながら、吐く息にも酸素は含まれます。吐く息の酸素量と二酸化炭素量、どっちが多いのでしょう?

吐く息は酸素の方が多い

吐く息の成分比は、酸素約16%、二酸化炭素約4%。(残りはほとんどが窒素。)

つまり、吐く息は二酸化炭素よりも酸素の方が多いのです

空気中の酸素は約20%で、人間が空気を吸うと、空気中の成分全てを吸うことになりますが、酸素だけ見てみると、体内で消費される酸素量は吸った分の約4%に過ぎません。

人工呼吸(マウス・トゥ・マウス)がありますが、非常時に人工呼吸が行われても大丈夫なわけです。

関連記事

人の体の雑学

検索アイレット > 教えて知恵袋 > 人体の雑学 >

日常生活の豆知識

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

役立つ情報の検索に