知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

胃液で胃袋が溶けない理由

胃の辺りを押さえる人の写真

胃液の主成分は強力な塩酸です。実にPH1.5~2くらいの強烈な酸性で、金属をも溶かすほどの液体です。

また、タンパク質を分解する酵素ペプシンも含むので、人体等は簡単に溶けてしまいます。

厚く守られる胃袋

しかし普通、胃袋は胃液で溶かされることはありません。

なぜなら、胃の粘膜の上が0.5mmほどの粘液でいつも被われ、胃液をガードしており、さらに、粘膜と粘液の間には重曹の層が設けられ、粘液を突破された場合にも備えがあります

アルコールやストレスのため、粘液の働きが悪くなると、胃壁が胃液にさらされることになります。

そうなると、胃も単なるタンパク質であるため、胃液にさらされると30分ほどで鬱血が始まり、そのまま放っておくと胃潰瘍になってしまいます。

関連記事

人の体の雑学

サーチアイレット > 教えて知恵袋 > 人体の雑学 >

日常生活の豆知識

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ