蚊に刺される

教えて知恵袋

なぜ汗かきや赤ちゃんばかり蚊に狙われる?

同じ場所にいても、自分ばっかり蚊に刺されると嘆く気の毒な人がいます。これは、その人の思い込みではなく、科学的にも正しいことです。

蚊が人を刺すとき、「これは腕だ、足だ、女の子だ」等と目で確かめてから吸うわけではなく、体から立ち上がる何かを手がかりに近寄ってくるのです。

蚊に刺された後のイラスト

敏感に察知! 人間の水分や二酸化炭素

蚊が手がかりにするのは、まず水分。汗をかいて水蒸気が立ち上がる肌を、蚊は敏感に感じ取ります。

そして、蚊の手がかりになりやすいのが、口や肌から出る二酸化炭素や乳酸です

遠くからでもわかるから、近づいて人の体温を感じ取り、肌であることを確かめて刺すのです。

といわけで、汗かきの人、体温の高い人はかに刺されやすいことになります。だから、新陳代謝の激しい体温の高い赤ちゃんは、攻撃の的です。

また、お風呂上りや、運動した後も要注意です。

睡眠中に、顔の周りを飛び回る蚊にはまったく閉口しますが、そのわけは鼻から出る二酸化炭素です。

尚、同じように刺されても、やたらに腫れる人と腫れない人がいますが、繰り返し刺されると、肌が慣れてきて免疫ができ、あまり腫れなくなるようです。

関連する人体の雑学

検索アイレット > 教えて知恵袋 > 人体の雑学 >