検索アイレット

香水のつけ方

香水の写真

香水は体温の高いところにつけると香りが丸くなり、香りは下から上へ広がる性質があります。こういった特性をうまく利用し、つける部位を決めましょう。

香水のつけ方~ワキの下はNG!!

基本的には、手首やひじの内側、ひざの裏側等、脈を打つところにつけます

ただし、両耳と胸の中心を結んだVゾーンは、つけ過ぎに注意。つけた本人が香りに酔ってしまいます。

ところで、脇の下も香水をつけるところと思う人が多いようですが、ここは避けましょう。

脇の下は汗腺が多いから、汗で香水が流れますし、汗の匂いと香水が混ざってしまって、逆効果で汗によって不快な香りになります

同様な意味から、足の裏もNGです。

香る女性の写真

香水の上手なつけ方

ちなみに、肩は自分の香りを知るのにベストな場所です。鼻との距離も丁度よいです。ただし、肩が出る服装の場合は控え目な方がいいでしょう。

肌以外にも、上級者になると、下着や服につけて楽しめます。

ただ、茶色等、色付きの香水の場合は、染みになる可能性があるから、避けたほうが無難です。

関連記事

人の体の雑学

検索アイレット > 教えて知恵袋 > 人体の雑学 >

日常生活の豆知識

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

検索アイレット - 役立つコンテンツ