知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [検索アイレット]
検索アイレット

悲しい涙の味はしょっぱい

悲しい涙を流す人の写真

悲しいときに流す涙は「しょっぱい」と言われますが、これは感傷的な表現ではなく、本当にしょっぱいのです。

悲しい涙は塩分濃度が高い

普通に流れる涙(例:目にホコリが入ったとき等)よりも、悲しい時に流す涙には、カリウム、ナトリウム、塩素等の塩味系イオンがたくさん含まれます

したがって、涙の塩分濃度が高くなるので、しょっぱい味になるわけです。

しかし、悲しい涙よりもしょっぱい味がする涙があります。

悔し涙や怒ったときの涙です。

うれし涙等は副交感神経が働いてナトリウムの割合が減るのですが、悔し涙や怒ったときの涙は、交感神経が働いてナトリウムの割合が増えます。

なぜ涙が出るのかわからないときは、涙の味で「悲しい」のか「悔しい」のか、わかるかもしれませんね。

関連記事

人の体の雑学

検索アイレット > 教えて知恵袋 > 人体の雑学 >

日常生活の豆知識

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

役立つ情報の検索に