知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [検索アイレット]
検索アイレット

親知らずは何のために生える?

歯を痛がる人の写真

昔の人は、現代のような調理器具がなかったため、ほとんどの食べ物は今よりもはるかに硬く、噛み砕くには強い奥歯が必要であり、人間の口の中に親知らずが生えるようになりました。

これが、親知らずが生える原因と由来です。

現代は不要になった親知らず

しかし、時代が変わって、食べ物が柔らかく調理されるようになると、次第に親知らずは無用な歯になってきました。

また、人間の顎が、主食の変化に伴って、昔より小さくなり、親知らずを収容するスペースがなくなってしまいました。

これが、親知らずが邪魔モノとなった原因と由来です。

口の中のトラブルの元の親知らず

親知らずは、小さな顎の中に無理矢理生えてきて、口の中のトラブルメーカーとなってしまいました。

「斜め・変な箇所に生える」「他の歯の成長を阻害」「口の中の奥にありすぎて手入れできず虫歯になる」等々。

稀にキレイに生えて、残しておいても問題ないこともあるようですが、抜いてしまった方が後々楽かもしれません。

関連記事

人の体の雑学

検索アイレット > 教えて知恵袋 > 人体の雑学 >

日常生活の豆知識

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

役立つ情報の検索に