人間の体の細胞の寿命

教えて知恵袋

人間は10年経つとまったく別人になる?

60兆個もの細胞で構成される人間の体。これらは、常に新しいものと交代し続けます。

わかりやすい例は、垢がそうです。これは皮膚の表皮の角質層に積みあがった死んだ細胞が、少しずつ剥がれ落ちるものだが、毎日10gほども落ちてきます。

人間の細胞のイラスト

細胞の寿命にも違いがある

人間の細胞は部分ごとに寿命に違いがあるほが、ほぼ半年以内に寿命を迎えます。

最も短命な細胞は、小腸の絨毛(じゅうもう)細胞。小腸の壁で蠕動(ぜんどう)運動し、栄養吸収をつかさどるこの細胞はわずか1日で死んでしまいます。

逆に最も長生きなのは、骨を作る骨細胞。こちらは10年前後の寿命があります。

細胞が死んだ後には、細胞分裂で生まれた新しい細胞が置き換わることになり、頑丈な骨でさえ常に作り変えられるから、10年ちょっとで全身がまったく違うものになるのです。

関連する人体の雑学

検索アイレット > 教えて知恵袋 > 人体の雑学 >