知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [検索アイレット]
検索アイレット

クレジットカードのブラックリストに載ってしまう延滞

クレジットカードの写真

クレジットカードの代金返済が滞ると、ブラックリストに載り、クレジットカードが使えなくなるのはご存知かと思います。

実際、どれくらいの期間延滞するとブラックリストに載るのはご存知でしょうか?

約2ヶ月~3ヶ月でブラックリスト

結論から書くと、3ヶ月以上、または、61日以上の延滞です

延滞がブラックリスト掲載の基準になると、停滞情報がコンピューターにインプットされます。

一旦コンピューターにインプットされる、つまりブラックリストに載ると、5年間は情報が残ります。当然、その間はクレジットカードは使えません。

ちなみに「3ヶ月以上、または、61日以上の延滞」の長期延滞じゃなくても、支払いがいつも期限を過ぎる人も、その情報はやはりコンピューターに記録され、クレジットカードが使えなくなる場合があるので、気をつけた方がいいです。

自己破産等でのブラックリストの記録

自己破産等の金融事故を起こした場合、当然ブラックリストに載ります。

ブラックリストの記録は、5~10年となっていますが、その後クレジットカードを作るのは難しいはずです。

クレジットカードは便利ですが、諦めて現金払いがいいと思われます。

現金の持ち歩きが嫌であれば、デビットカードは作れるはずです。

関連記事

日常生活の豆知識

検索アイレット > 教えて知恵袋 > 日常生活の豆知識 >

生活用品の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ