ドアの内開きと外開きの違い

教えて知恵袋

ドアの内開きと外開きの意味の違い

ドアには、室内に向かって開く「内開き」のドアと、外側に向けて開く「外開き」があります。

「室内の構造上の問題で…」と思われるかもしれませんが、それぞれ理由がありました。

ドアの写真

ご招待の内開きと外敵から守る外開き

日本は、開きドアよりも襖(ふすま)や引き戸の文化の方が長いため、欧米の文化から意味を違いを知るべきかと思います。

欧米では、内開きのドアには人を招きいれる意味があり、外開きのドアには、雨風や外敵から守る意味があるそうです

だから、パーティ等を開くことが多い欧米では、内開きドアが多いです。

しかし日本では、意味を考えず何となく建て主の気分でドアを付けることが多いようです。

ただし、日本のホテルは欧米同様、ほとんどが内開きです。

理由はもちろん、「客を招き入れる」精神を大切にしてるからです。

さらに災害時に非難するとき、外開きドアだと、廊下を逃げる人の邪魔になる理由もあります。

ちなみに、日本のマンションのドアは大抵「外開き」。

理由は単純で、日本のマンションは狭いため、内開きドアにすると、靴の置き場がなくなってしまうためです。

「狭い」理由を考えると、マンションに限らず、戸建ての家の玄関ドアも外開きの方が多いかもしれませんね。

関連する日常生活の雑学

検索アイレット > 教えて知恵袋 > 日常生活の雑学 >