知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

ハイレゾカラオケで擬似ライブ体験

カラオケ画面の写真

カラオケも日々進歩し、遂にハイレゾ対応の機種が出できました。

ハイレゾカラオケの部屋で実際に楽しんでみて、新たな気付きがありました。

楽しめるかどうかわかりませんが、参考までに。ちなみにわたくしは堪能できました。

ハイレゾとは?

まず、最近出てきた「ハイレゾ」という言葉ですが、簡単に言うと、これまで納まりきらなかった音質も納められるようになった新しい音源です。

例えば、CDだと容量が決められており、しかも意外に容量が小さく、削らなければならない音がたくさんありました。

音域もそうですが、ちょっとした「雑音」も消していたわけです。ミュージシャンの息遣いや、ライブ盤と称するも、最低限の歓声に止めたり。

しかし、ハイレゾは容量がはるかに大きくなり、そういったミュージシャンの息遣いやライブ会場の臨場感も音として楽しめるようになりました。

聴いて見るだけでも楽しめる本人ライブ映像

ハイレゾになったおかげで、「本人映像」のライブバージョンのカラオケ曲は、聴いて見るだけでも楽しめます。

音の響き方が全然違うので、気持ちの入れ方によっては、ライブ会場で聴けているような錯覚も起こせます。

アルコール吞める人なら、吞みながらだと、丁度良いかもしれません。

そして、「同じグループ(歌手)を好きな人と一緒に見る」。

一度見て、「じ~ん」としたところで、次は「盛り上がって歌ってみる」とか色々な楽しみ方ができるんじゃないかと思いました。

チケット取るのが難しいライブ。あるいは、解散・引退してしまったミュージシャンのライブを再び楽しむ、なんてこともできるかと思います。

人数多いと、案外盛り上がるかもしれませんね。

しかも、JASRACの著作権を遵守しているのもポイント。

お試しに企画されてみてはいかがでしょうか?

こういった楽しみ方が流行ると、カラオケの曲の中に、ライブ映像の曲が増えるかもしれませんね。

関連記事

日常生活の豆知識

サーチアイレット > 教えて知恵袋 > 日常生活の豆知識 >

生活用品の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ