知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [検索アイレット]
検索アイレット

赤飯をお祝いに食べる理由

赤飯の写真

昔、日本人は米を粥にして食べており、蒸し器が使われるようになると、米をふかして食べるようになりました。

ふかした米飯は、「強飯(こわめし)」と呼ばれました。

強飯が赤飯の由来であるようです。

「ハレ」の日に食べた強飯

強飯を食べるのは「ハレ」のとき、いわゆる「おめでたいとき」に限られていて、人間が食べる前に、まず神前に供え、儀式が終わった後、みんなで分け合って食べました。

現代の赤飯も、めでたいとき等「ハレ」の日に食べますが、これはかつて神前に供えるご飯が赤味がかった強飯だったことに由来しています。

小豆と米と一緒に炊くのは、元々は赤い色をつけるための意味がありました。

一昔前は、女の子が「初潮」をむかえた時はよく食卓に並んだものですが、最近はどうなのでしょうか?

しかし、今でも記念式典等や行事の成功を祝ってお弁当に赤飯ができてますね。

関連記事

日常生活の豆知識

検索アイレット > 教えて知恵袋 > 日常生活の豆知識 >

生活用品の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ