知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

鯛の尾頭付きを、めでたい時に食べる理由

鯛の尾頭付きの写真

祝いの席で「鯛」を食べることが多いと思います。

鯛を食べるのは「めでたい」の「たい」に通じるのですが、なぜ尾頭付きにこだわるのでしょうか?

尾頭付きは「完全」の象徴

祝いの席で、刺身や切り身ではなく、概ね、鯛の尾頭付きを食べます。

このこだわりは、尾頭付きの魚は、形が完全にそろっている点で、「完全」の象徴。

つまり、人生をまっとうするという意味が込められているようです。

そんな縁起をかついでいるわけです。

ちなみに、鯛の目玉にはDHAやEPAが豊富に含まれています。「脳に良い」「アレルギー疾患の予防効果」があると言われるDHAやEPA。

子どもは、気持ち悪がるかもしれませんが、なんとか工夫して食べさせてみるといいかもしれませんね。

関連記事

日常生活の豆知識

サーチアイレット > 教えて知恵袋 > 日常生活の豆知識 >

生活用品の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ