知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [検索アイレット]
検索アイレット

黒い雲と白い雲で雨の強さが違う理由

黒い雲の写真

黒い雲が空を覆うと強い雨が降るけど、白い雲からは、雨が降ってもポツポツと弱い雨が降る程度。

なぜ、黒い雲からは強い雨が降り、白い雲からは弱い雨が降るのでしょうか?

黒い雲と白い雲で上昇気流の強さが違う

基本的に雨の強さは、雲の中の気流の強さによって決まります。

黒い積雲状の雲の中には、激しい上昇気流があり、大粒の水滴やアラレが急ピッチで作られます。そして上昇気流によって、水滴類は雲の上部に貯まっていきます。

水滴が貯まりすぎると、一気に地上に落下します。これが強い雨になる原因です。

ただし、降る時間は、大抵は短く、にわか雨、夕立、通り雨になることがほとんどです。

一方、白い雲では、上昇気流がさほど強くないため、水滴はゆっくり作られ、少し貯まるとポタリポタリと地上に落下してきます。

したがって、雨の降り方は弱いものの、長時間降り続けることが多くなります。

関連記事

自然の雑学

検索アイレット > 教えて知恵袋 > 自然の雑学 >

動物の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

役立つ情報の検索に