知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [検索アイレット]
検索アイレット

月が赤く見える理由

赤い月の写真

月の光は、太陽の光を反射したものです。(衛星)

反射した光は、一般的に7色に分解される可視光線と、目に見えない紫外線、赤外線で構成されます。

赤い月が見えるのは、可視光線に関係があります。

青い光線と赤い光線の関係

空気中では、赤い光線よりも、青い光線の方が散乱しやすい特徴があります。

赤いほど光の波長は長く、青に近づくほど短いため、青い光は空気中の水蒸気やホコリにぶつかると、進行方向が変わってしまいます。青い光が散乱しやすい理由です。

「赤い光線は波長が長い」ことと「青い光線は散乱しやすい」ことが原因で、「月が赤く見える」現象が起きます。

月が赤く見えるのは、大抵の場合、地平線近くにあり、地平線上の月の光は、人間の目に届くまで密度の濃い空気の中を通ることになります。

地平線上の月の光は、水蒸気やホコリにぶつかることも多く、青い光はほとんど散乱してしまい、残った赤い光だけが地上に届きます

これら一連の現象で、月が赤く見えるわけです。

関連記事

自然の雑学

検索アイレット > 教えて知恵袋 > 自然の雑学 >

動物の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

役立つ情報の検索に