知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [検索アイレット]
検索アイレット

落雷の時に安全な感電しない乗り物

落雷の写真

時折、校庭に落雷して小学生が死亡したり、ゴルフ場でゴルファーに落雷したという悲報が報じられます。登山中や海水浴も要注意です。

では、自動車に乗車中にゴロゴロ鳴り始めたら、どうすればいいでしょう。

落雷しても乗客は感電しない!

自動車はボディのほとんどが鉄ですから、落雷の可能性があります。特に北海道のような広々としたところや、周囲に高い建物がない場合は確率が高いと思って下さい。

しかし、もし落雷しても、乗客は感電しません

雷の電流は車体表面を通って地面に抜けるから、車内を通ることはありません。

飛行機の場合も同様で、機体の避雷針に落雷しても、機体表面に電流が流れるだけです。

たとえ機体に小さな穴が開いたとしても、乗客には気づかれないことが多いようです。もちろん、落雷が燃料に引火するという心配もありません。

ボディがほとんど鉄でできている乗り物は、落雷時の避難場所としては安全と言えるかもしれません。(※乗り物が何でできているかは、ご自身でご確認ください。)

ただし、倒木で自動車等がつぶされないようには、十分気をつけて下さい。

関連記事

自然の雑学

検索アイレット > 教えて知恵袋 > 自然の雑学 >

動物の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ