知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [検索アイレット]
検索アイレット

圧力鍋の殺菌効果

圧力鍋の写真

圧力鍋は使い慣れるとすごく便利。

時間のかかる煮豆等も短時間で出来ますし、玄米だって美味しく炊き上がります。固くてとても食べられないようなスネ肉も柔らかくなり、魚だって骨まで食べられます。

水蒸気の圧力を上げて100度以上に

上記のような威力を発揮するのは、内部が150度の高温で、気圧も4気圧と高くなるためです。

18世紀、スコットランドのブラックという人が、密封して加熱したら内部の水蒸気の圧力が上がって、沸点が100度以上になるだろうと考えたのが、圧力鍋開発の始まりです。

ブラック氏は何度も失敗を繰り返して、容器が爆発して中身が飛び散ったり、破片でケガしたりと大変苦労したそうです。

水は完全に密封した状態で加熱すると、摂氏374度、218気圧まで上昇させることができます。

しかし、調理のためにはそれほど高温にする必要がなく、現在の圧力鍋は安全弁をつけて150度以下で納まるように設計されてます。

また、安全装置が何重にも付いているから、事故もおきません。(良い製品)

圧力鍋の写真

150度の高温で殺菌効果!

150度という高温は、殺菌効果も十分です

雑菌の多いレバー等も圧力鍋で調理すれば安心ですし、ベビー用品の殺菌にも使うことができます。

缶詰は115度の高温で40分ほど殺菌をしているそうです。

関連記事

生活用品の雑学

検索アイレット > 教えて知恵袋 > 生活用品の雑学 >

日常生活の豆知識

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

役立つ情報の検索に