知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

キヤノン(Canon)の名前の由来

Canonのロゴの写真

カメラの大手メーカー「Canon」には、創業者である御手洗毅さんの思いが込められています。

観音「KWANON」から「Canon」に

昭和12年、精機光学工業を創業した御手洗毅さんは、観音を信仰していました。

創業前年に完成させた手作りカメラには、ファインダーの上に千手観音の像を刻み、「KWANON」と名付けられました。

結局、この手作りカメラは市販されませんでしたが、以降、御手洗さんは研究に没頭し、新しいカメラには、観音の語感に似せて「キャノン(Canon)」と名付けようとしました。

「Canon」は英語で、「基準」「戒律」という意味があることも、ネーミングの参考になったそうです。

お気づきになられた方もいるかもしれませんが、発音は「キャノン」ですが、書くときは「キヤノン」が正しい書き方だそうです。(「ヤ」の大きさの違い)

関連記事

生活用品の雑学

サーチアイレット > 教えて知恵袋 > 生活用品の雑学 >

日常生活の豆知識

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ