検索アイレット

使い捨てカイロの仕組みは?

使い捨てカイロの写真

使い捨てカイロは、鉄が錆びるときに出す酸化熱を利用したもの。鉄が自然に錆びるときは非常にゆっくりなので、熱を感じることはありませんが、錆びるスピードを速める工夫をしたことで、熱を出す商品が生まれたというわけです。

酸化熱を上手に利用した使い捨てカイロ

中袋に入っているのは、鉄の粉、食塩水をしみ込ませた石の粉、活性炭、木の粉等。中袋は、たくさんの孔のあいた不織布(ふしょくふ)でできており、外袋を破ると空気が入り、鉄の粉が空気に中の酸素と結合して、錆が始まります。

食塩水は反応を進めるために働き、活性炭は空気中の酸素を吸い取って、袋の中の酸素の濃度を高める働きをしています。

また、木の粉は、保水剤の役目と、鉄粉がベト付くのを防ぐ役目。

使い捨てカイロの中身の写真

鉄を粉にしてスピードアップ!!

以上のこと全てが、錆びるスピードを速める工夫というわけですが、忘れてならないのは鉄を粉にしたということ。

鉄を小さい粒にするほど、酸素に触れる面積は格段に大きくなるからです

さらに、揉むことで成分が一気に混ざり、錆びるスピードもグンと速まるという仕組みです。何もかも無駄がありません。

なお、途中で止めたいときは、ビニール袋等に入れて密封し、空気に触れさせないようにすればいいです。

関連記事

生活用品の雑学

検索アイレット > 教えて知恵袋 > 生活用品の雑学 >

日常生活の豆知識

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

検索アイレット - 役立つコンテンツ