知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

レイバンのサングラスが逆三角形の理由

レイバンのサングラスの写真

サングラスの有名ブランド「レイバン」。

レイバンを一躍有名にしたのは、連合軍最高司令官マッカーサー元帥です。

「ティアドロップ型」と呼ばれる逆三角形型のレイバンは、戦争と深い関係がありました。

飛行中のパイロット用のデザイン

レイバンを開発したのは、メガネや顕微鏡等の製造で知られるアメリカのボシュロム・オプティカル社です。

1923年、アメリカ航空隊のジョン・マクレディ中尉から、パイロット用のサングラスの開発を依頼されたボシュロム社は、6年がかりでパイロット用サングラスを開発しました。

サングラスの開発の重要な点は、「飛行中のパイロットが視野を確保できること」でした

要するに、ティアドロップ型(逆三角形型)のレンズは、パイロットの視野を確保するためのデザインであったわけです。

レイバンのサングラスをかけるマッカーサー元帥の写真

1930年代、アメリカ航空隊に正式採用されたボシュロム社製のサングラスは、日本を空襲したB-29のパイロットのみならず、マッカーサーにも愛用されたのです。

近年では、映画『トップガン』でトム・クルーズが着用しましたし、日本のドラマ『西部警察』で渡哲也さんが着用して出演しました。

関連記事

生活用品の雑学

サーチアイレット > 教えて知恵袋 > 生活用品の雑学 >

日常生活の豆知識

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ