知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

ワイシャツの裾が長い理由

裾の長いワイシャツの写真

ワイシャツは、他のシャツと違い、裾の前後が長く、両横が短くなっています。

「なんで裾が長いんだ…」と、ちょっとイラッとするときありませんか?

しかし、元々はワイシャツの裾には実用的な役割がありました。

ワイシャツの裾で大事な部分を隠す

ワイシャツの裾の前後の長い部分は、簡単に言えば「下着の代わり」だったのです。

昔、ヨーロッパの人はパンツをはいておりませんでした。

(※これは結構有名な話。女性の下着に関しても似ています。参考:「ブラジャーは発明されてから100年くらい」)

したがって、ワイシャツの長い裾で、大事な部分を前後から包んでいたそうです。

時代も時代なので、そろそろデザインを変えても良さそうですが、現代でも同様の使い方をしている人もいるのかもしれません…?

最も、最近では裾の短いワイシャツが一般的に市販されていますね。

関連記事

生活用品の雑学

サーチアイレット > 教えて知恵袋 > 生活用品の雑学 >

日常生活の豆知識

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ