知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

趣味を長く楽しむには?

「私って、深くも詳しくも知らないまま、好きだって思ったものは、ずっと長く好きだったりするのね。絵でも趣味でも動物とかでも、掘り下げないで、全然マニアックにならずに、長いこと好きでいるんだ。」

上の文章は「さくらももこ」さんの『憧れのまほうつかい』という本からの引用です。

さくらももこさん自身、いろいろな楽しみをお持ちのようですが、まさに気楽に楽しんでいるようです。

アニメ『ちびまる子ちゃん』によく登場する「ライカのカメラ」はご存知ですか? すごいいいカメラだそうで。

アニメにたくさん「ライカ」が出てきたことから、お礼にとライカの特別製のカメラを進呈されたそうです。しかし、恐れ多く感じたさくらさんは頂き物のカメラは使えないそうで、別のライカのカメラを購入して、そのカメラで写真を撮っているとか…(笑)

そんな謙虚さがとても好きです。

好きこそ物の上手なれ

「好きこそ物の上手なれ」という諺(ことわざ)があるように、一旦好きになると、自分なりに「もっとこうした方がいいかなぁ…?」とか考えたり、何度か試したりするものです。…ええ、実際そうなりました。

写真を撮る人

趣味が広がる

しかし、「上手になるための方法」的なマニュアル類の情報は一切見ません。そこまで掘り下げてしまうと、際限がなくなり、楽しみだったはずが、苦痛になってしまうからです。

わたくし、以前まったく興味がなかった「写真」が好きになりました。今のところ自分で撮ってみる方です。

元々は、サラブレッドが好きだったので、牧場見学のついでに写真を撮ってみようと、安いデジカメを購入したのですが、いつの間にか、これまたまったく興味のなかった「花」や「オブジェ」等の写真も撮るようになったり…。

そうなると、今度は「わぁー、綺麗だなぁ~。…でも、この花なんて名前なんだろう…?」と、花の名前を覚えるようにもなりました。(花の名前ってホント全然知らなかったんです。)

更に、外出が増えたことで、他にもいろいろなものに興味を示すようになって、「温泉」とか「食べ歩き」とか。

しかし、やはりどの趣味も掘り下げません。ずっと気楽に好きでいたいからです。

写真の趣味は、きっと長く続くんじゃないかと思っています。

カメラは相変わらず安いデジカメ。いつも持ち歩くのでボロボロです。でも、それなりの写真も撮れるので(?)、いいんです。

「写真」から、今後趣味が広がっていくのが楽しみであります。

関連記事

明話事典

サーチアイレット > 明話事典 >

日常生活の雑学

人体の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

フリー写真素材集

名言や格言集

漫画の名言集

漫画の名言集のロゴ 『はじめの一歩』『北斗の拳』『沈黙の艦隊』等の登場人物の名言集

情報検索に役立つコンテンツ