SEO+HTML

先日「ペンギンアプデート4.0」が実施されました。

最も大きな変更点(進化)は、Google社員の手動によるアップデートから、検索エンジンロボットへの自動アップデートになったことでしょうか。

完全に検索エンジンロボットの自動になり、アルゴリズムの1つに加わったことで、日常 or 定期的に行われる検索結果のインデックスの更新に反映されます。

したがって、以後ペンギンアップデートのアナウンスは無くなるはずです。

今後のアルゴリズムで、いろいろな変化(主にスパム行為の発見)が検索エンジンロボットによってなされると思われます。(例:隠しテキスト等)

今回のペンギンアップデートで、最も興味を引いたのが「被リンクの見直し」でした。

マイナス加点されてしまう被リンクがあっても、今後はマイナスではなく「0(無効)」とされることになりました

非常に大きな変更点です。

ペンギンが飛ぶ写真

相互リンクの見直しと再検討

まず、被リンクの加点の変更によって、「ネガティブSEO」は事実上不可能となりました。ホームページの管理・運営者にとっては朗報です。

(※「ネガティブSEO」とは、意図的に検索順位を下げる行為で、主にマイナス効果を与えるホームページから、わざと攻撃したいホームページのリンクを大量に貼る行為。)

また、「リンクの否認」をいちいち申請する必要もなくなりました。

(ネガティブSEOのターゲットになってしまい、攻撃を受けた場合は、リンクを無効にしてもらう申請をGoogleにしなければなりませんでした。)

ネガティブSEOに驚く人の写真

次に、「相互リンクの再検討」をする余地ができたことです。

「ペンギンアップデート1.0」が数年前に発表されて以来、相互リンクを廃止したり、相互リンクの相手先をかなり絞り込むホームページが多数出ました。

ペンギンアップデートによるマイナス加点に過剰に反応しすぎたのでしょう。

しかし今回の変更で、「相互リンクは危険だから…」「相互リンクでマイナス加点されそうなホームページとの関係を断つ」といったことは、取り越し苦労になる可能性が極めて高くなったはずです。

被リンクのマイナス加点が無くなったわけですから、相互リンクをもっと積極的に活用すべきだと思います

未だに、検索順位を決める一番大きな要因は「リンク」です。これはGoogleが公式に発表しました。

(ちなみに、2位は「コンテンツ」、3位は「機械学習」。~詳細は略)

私自身の運営ホームページでも、相互リンクは以前と変わらず継続して行っております。

「相互リンクのせいで検索順位が下がった」といった現象は、ペンギンアップデートが導入されて以降もありませんでした。

むしろ、相互リンクによる検索順位の向上の威力に、改めて驚かされました。

ただし、あまりにも無意味なホームページへの「発リンク」がどう評価されるかは、疑問が残ります。

数ペーしかなく且つ内容がほとんど無いホームページとの相互リンクは時間の無駄かもしれません。

いづれにせよ、相互リンクを再考する余地ができたのは確かだと思います。 (2016.11.3)

関連する記事

リンク関連の解説一覧

検索アイレット > SEO+HTML > リンク関連 >