知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [検索アイレット]
検索アイレット

相互リンク解消の急増

ここ1年ほどで相互リンクを解消するホームページが急激に増えた気がします。ハッキリ言って、なぜなのかよくわかりません…。

恐らくSEOを意識して(Googleからのペナルティ回避)なのでしょうが、「ちょっと過剰反応なんじゃないか?」と思っておりました。

住太陽さんが警鐘

「SEO」という言葉が誕生する以前から、検索エンジン最適化を研究していた住太陽さんは、ご自身のホームページで「相互リンク絶滅の危機」に警鐘しています。(※参照:ペナルティを受けるリスクを回避しながら相互リンクする方法)

相互リンクの歴史から、回避すべき相互リンクと、効果的(?)な相互リンクの方法が書かれております。

最後は、「サイト運営者が必要以上に萎縮し、リンクすることもされることも恐れるような現状は、何かしら不健全なものを感じます。正しい方法でリンクを使い、お互いにメリットを享受しながら、助け合っていけるウェブが存続してほしいと思い、記事を書きました。」と締めくくっています。

相互リンク排除にちょっと待ったの写真

リンク集の設置についての考察

回避すべき方法として、「リンクの購入」等も含まれて書かれていますが、これは論外。もうかなり以前からペナルティを課せられていたはずです。(ペナルティと判定されずとも、被リンクをメチャクチャにされてしまいます。)

ちょっと疑問なのが、「お気に入りリンク集のページを設置することを回避する」という部分です。「ページのタイトルを変えればいい」というワケでもないでしょう。

なぜ引っかかるのかと言うと、「お気に入りリンク集」と内容が同義であるページを多数見かけるからです。

例えば、「フリー素材を探すのに役立つサイト6選!」「ちょっとした肴レシピサイト5選!」なるページは、ものすごくたくさんありますよね? ああいったページって、内容は「お気に入りリンク集」と変わりないように思えるのですが…?

サムネイルとタイトルにURL貼り付けて、ちょっとした特徴を書く。…意義は違うかもしれませんが、ページの構造自体は何ら変わりませんよね。

更に、「自分が書いた記事が取り上げられた!」ということで、「メディア掲載履歴」なるページを作り、そのページを紹介すれば、いわゆる「リンク集での相互リンク」が成り立つのでは?

疑問です。

先方のリンク集削除に伴い受けた影響(?)

わたくしが運営するホームページの中の一つに、相互リンクを約束していたはずのWEBサイトを覗いてみると、いつの間にか「リンク集」が削除されているサイトを多数発見しました。(メールでリンク集を削除する旨を伝えてくれる方もいらっしゃいます。)

あまりに急激に、いわゆる「被リンク」が減ったことになります。

この現象が原因かどうか定かではありませんが、訪問者が減ってしまいました。ただし、ホームページ全体を徐々に改装中であることと、自分でもわかってはいたものの内容の薄いページがたくさんあったことも原因かもしれません。

しかしながら、「リンクポリュラリティの低下」は少なからず影響しているであろうと思っております。 (2017.7.4)

関連記事

バックリンクや内部リンク

検索アイレット > SEO+HTML > リンク関連 >

SEO+HTML

WEBサイト検索

フリー写真素材集

役立つ情報の検索に