SEO+HTML

SEO不要論出回る!?

一体何がきっかけで広がったのでしょうか…?

最近よく広告で、「SEOは時代遅れ」等の宣伝文句を見かけます。

また、SEOを専門とする方々が投稿する記事にも「今後はSEOの必要性は…」と、あたかも「SEOは不要」を匂わすタイトルを見かけます。(※ただし、記事を熟読すれば、「SEOは不要」と言っているわけではないことがわかります。)

しかし、基本中の基本のSEOは今後も必要であるはずです

だって、「サーチエンジンに記事の内容を正確に伝えること」ですよ!? 不必要なんて…??

「絶対に書くべきタグ」「文章を書くときに意識したいこと」「内部リンクの構成」等々、あげたら結構あるものです。

今後も基本のSEOが必要な理由の解説と、実際にSEOを施して集客力がアップした具体例を掲載します。

SEO不要論に「ちょっと待った!」を唱えるイラスト

基本のSEOが必要な理由

単純です。

HTML文書を書くときに正しい文法で書けば、検索エンジンに正しく反映されるからです

当然、逆もまた然りです。

また、文章の内容をわかりやすく読者に、更には検索エンジンロボットにも伝える必要があるからです

前述した「HTML文書の正しい文法」については、「タグの持つ正確な意味」を理解する必要があります。分かっているようでも、今一度確認してみることをオススメします。(筆者も未だ勉強中です。。)

SEO施策で集客力がアップした事例

いくつもありますが、一つに絞って例を挙げます。

ホームページに出現するコンテンツキーワードの調整」を行い、成功した事例です。(※この事例は、SEO施策の依頼を受けている会社様のホームページで行ったことです。)

まず「Google Search Console(旧ウェブマスターツール)」でコンテンツキーワードを調べました。

業種や地域のことを考えると、明らかにコンテンツキーワードの出現率のバランスが悪かったので、修正するために「各ページの項目修正」や「業種がハッキリ伝わるページ作り(コンテンツ増設)」「titleの見直し・修正」を主に行いました。

結果、コンテンツキーワードのバランスが望ましい状態になったことで、集客力が上がりました。(ターゲットキーワードでの検索順位の上昇も当然ありました。)

「検索エンジンロボットを意識した修正」に思えるかもしれませんが、実は結果的に「訪問者にもわかりやすいホームページの内容」になるわけです。

業種も然り、個別紹介ページ(商品等)の情報も多くなり、titleの修正については、検索結果を見たユーザーの興味を惹くタイトルに変わったわけです。

昔から伝わるSEOは今後も生きる

「コンテンツキーワードの調整」というSEOは、かなり昔から言われてきたことです。

薄っぺらい内容の文章ばかりのページで、コンテンツキーワードの調整を実施しても大した効果はありませんが、内容にそこそこのボリューム・価値があれば、効果は結構あります。

他にも昔から伝わる基本中の基本のSEOはたくさんあります。

軽視せず、常に意識しながらホームページを作ることは大切だと思っています。 (2016.7.12)

SEO関連ニュース一覧

検索アイレット > SEO+HTML > ニュース >