SEO+HTML

とにかく根気強く専門用語を覚える!

HTML言語やCSS(スタイルシート)の言語を覚えるには、「言語を使う時に調べて…」と、その繰り返しでいつの間にか覚えられると思われます。

わたしもHTMLクイックリファレンスをよく参照します。と言うよりも、使いたいタグについて調べると、大体「HTMLクイックリファレンス」のページが出てくると言った方が正しいです^^;

SEO関連の情報を調べるときも、結局は同様ですが、SEOに関する知識があまり無い状態で、SEO関連の記事を読むと、専門用語が多すぎて最初は何が何だかわからず、記事を前にして「気持ちが萎えてしまうのでは?」と推察します。(私は何度か萎えました…)

例えば、「レスポンシブデザイン」をウィキペディアで調べると、以下のような説明から始まります。

レスポンシブウェブデザイン (Responsive Web Design, RWD) は、デスクトップパソコンや携帯電話といった幅広いデバイスのいずれに対しても、外観や操作方法が最適化された (リサイズ、パンニング、スクロールを最小限にし、読みやすく、ナビゲーションしやすい) サイトを制作するためのウェブデザインの手法。RWDでデザインしたサイトは、比率ベースのフルードグリッド、フレキシブルイメージ、@mediaルールの拡張であるCSS3メディアクエリを以下のように使用することで、レイアウトを表示環境に適応させる。

(※引用:Wikipedia)

「デバイス」「リサイズ」「パンニング」「フルードグリッド」等々の専門用語がズラっと並び、「…全然わからん、もう嫌…」となってしまいそうですが、そうもいきません。

刻々と変化するGoogleの検索システムやアルゴリズムを知っておくには、やはり記事を読まなくては・読めなくてはなりません。

困って頭を抱える人の写真

意味がわからない単語を調べると、更に意味を知らない単語が出てきて…と、本当にキツいと思いますが、根気強く一つずつ調べて理解するしかありません。まさに「ローマは一日にして成らず」です。(ちょっと大袈裟でしょうか…)

わたしの場合、2年程かかり、まだまだわからない用語はありますが、SEO関連の情報ソースの記事を読むと、なんとか意味がわかるようになりました。

ホームページを自作する場合、後からSEOの知識を吸収しようとすると、二度手間・三度手間になることがあります。

できれば、早い段階である程度の知識は持っておいた方が良いと思います。

専門用語解説サイトの紹介

まったく手がかりが無いよりは、やはり参考になる専門用語解説ページがあった方が良いと思います。

比較的優しく解説してくれるページをいくつか紹介します。

まだ用語解説ページはあるようですが、「SEO対策」という言葉を使用して解説するページについては、あまりオススメしません。

(※「SEO対策 = サーチエンジン最適化対策」…「頭痛が痛い」と同じ単語です。) - (2016.8.19)

用語一覧

検索アイレット > SEO+HTML > 用語 >