知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

スマホに対応したホームページ作りを!

「モバイルフレンドリー」とは、英訳そのままで「モバイル(スマートフォン)に優しい」ことで、簡単に言うと、スマートフォンでも見やすいホームページ作りのことです

いくつか基準があるので、サラっとまとめてみます。

モバイルフレンドリーテストに合格した例の画像

モバイルフレンドリーの基準

つい1・2年前までは、スマートフォンだと「文字が小さいからズームして読む」とか「横スクロールしながら読む」といったホームページがたくさんあったかと思います。

しかし、スマホ検索ユーザーの急増とともに、ホームページ作りもスマホユーザー向けに作ることが求められるようになりました。(※参照「モバイル検索ユーザーが更に増加傾向」)

2015年4月に、Googleが「モバイルフレンドリーアップデート」を導入した(あるいはアナウンスが出た時点から)ことにともなって、スマートフォンでも見やすいホームページが急増したはずです。

「スマートフォンでも見やすいページ」とは、どんなページなのか、いくつか列挙します。

一昨年くらいまで、スマートフォンでのネットサーフィン時に、イライラした部分であると推測します。

Googleでは「iPhone」を基準にして、具体的なルールを設定しております。(あくまで一例ですが)

必ずしも上に挙げた大きさとは限りません。

あくまでも、「モバイルユーザーが見やすい・利用しやすい」ホームページ作りの目安です。

ご自身で作成されたホームページがモバイルフレンドリーかどうかチェックできます。

「Google Developers」で提供中のモバイルフレンドリーテストです。

ホームページ作成の際は、モバイルフレンドリーテストを利用することをオススメします。

MFになるようなホームページの作り方は?

(※MF=モバイルフレンドリーの略)

ここでは詳細に説明しません。簡単に触れます。(検索するとモバイルフレンドリー関連の記事がたくさん出てきます。)

大きくは三種類の方法があります。

どの方法でモバイルフレンドリーなホームページを作成しても、検索順位への影響(作成方法による優劣)はありません。(Googleは言及)

しかし、作業過程やその後の修正等々を考えると「レスポンシブデザイン」で作成するのが、筆者は一番良いような気がします。 (2016.2.24)

関連記事

SEOに関する用語

サーチアイレット > SEO+HTML > 用語 >

SEO+HTML

WEBサイト検索

フリー写真素材集

情報検索に役立つコンテンツ