知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

『魔女の宅急便』の映画レビュー

赤いリボンと少女の写真

『魔女の宅急便』は、1989年に公開された映画です。

興行収入は前作の「となりのトトロ・火垂るの墓」の3倍以上になり、日本のアニメーション映画の興行記録を更新しました。(1989年時点当初の記録です。)
日本アカデミー賞話題賞の他、様々な賞を受賞。

1990年にテレビ初公開されてから、2018年までに14回もテレビ放送されている人気のジブリ映画です。

私は、「魔女」「少女」のイメージで先入観を持ってしまい、「子ども向けか…」と侮り、長らく観ていなかったのですが、たまたま暇な時間に放送されていたので、観てみたら、あっという間に映画に引き込まれてしまいました。

確かに子ども向けではあるのですが、「ストーリーの展開」と「音の効果」が絶妙で、最後は作品の完成度に感動して泣いてしまいました…。

ストーリーと見所

小さな村で育った魔女の少女が、修行のため大きな街に一人で旅立つところから始まります。

希望に満ち溢れて旅立つのですが、予想に反して色々な試練(主に人間関係)があり、現実を目の前にして何度も落ち込みます。
しかし同時に、優しく気さくな人たちとも出会い、喜びや楽しみもあります。

悲しみと喜びが交互に起こり、比較的展開が早いので、飽きずに楽しめるストーリーです

デッキブラシの写真

また、「音の効果」の使い方がとても工夫されています。

「アニメーションとセリフのみ」という設定はもちろんのこと、「アニメーションとサウンドトラック(セリフ無し)」といったシーンもあり、「アニメーションのみで一切の音を無くす」という場面もあります。(重要な音だけシーン後半に使うという演出です。) この場面は個人的に絶賛しています。

更に、オープニングとエンディングの歌が素晴らしいです
ユーミン(荒井由美)の歌なのですが、選曲はもちろんのこと、歌の挿入の仕方が絶妙です!

主な登場人物の紹介

主な登場人物を簡単に紹介します。

キキ
主人公です。
ちょっぴり気が強く、感性豊かな少女です。
それ故、喜怒哀楽がわかりやすく、観ている人に感情の起伏を訴えかけてくれます。
自分に素直で可愛らしく、とても素敵な少女です。
おソノ
パン屋の奥さんです。
キキが現実の厳しさに直面して落ち込んでいる時、最初に出会う気のいい女性です。
生身の生活感を持ちつつも、優しさがあり、本当に現実にいそうな人物像で、とても自然なキャラクター設定です。
ちなみに、無口な旦那さんのささやかな優しさも見所です。
絵描きの女性(ウルスラ)
森の中で過ごす絵描きの女性です。
小説に出てくるような芸術家らしく、粗雑な一面もありますが、たくましく生きている様子が容易に想像できます。
割と早い段階でキキと出会うのですが、最後の方で再会し、キキが最も困っていた時に、人生の先輩としてとびっきりのアドバイスをしてくれます。とても素晴らしい言葉です。
マダム(老婦人)
裕福な高齢の女性らしく、穏やかで上品な女性です。
キキに宅急便の依頼をして出会うことになります。
最初の出会い(依頼)の際に、キキが親切に接したことから、その親切心に報いるお礼を、これまた最後にとびっきりの形でお返しします。見所の一つです。
トンボ(コポリ)
空を飛ぶことに強い憧れを抱く、キキと同年代の少年です。
自力で空を飛べるキキを見て「友達になりたい!」と思い、キキに近付き、最終的には友達になります。
この少年の映画での役割は大きいです。
最後の物語の締めもそうなんですが、それよりも、エンディングソングとともに流れるエンドロールでそれがわかります。
トンボを介して、キキと同年代の友達の輪が広がります。

子どもはもちろん、社会人にもオススメ

この映画は、現実社会とリンクしている部分が多いと思われます。

新しい世界へ向かう人は、希望を持って旅立つことが多いでしょうが、予想していなかった、あるいは想像以上の厳しい現実を突きつけられ、辛く苦しい思いをたくさんするでしょう。
しかし、仕事をしていくうちに、感謝されたり、親切な人との出会いもあったりするはずです。

「落ち込むこともあるけれど、嬉しいこともあるよ!」というメッセージが込められています

小中高生はもちろんのこと、新社会人、または既に社会に出ている大人の人も、落ち込んでいるときに、是非観て欲しい作品です。

関連記事

映画レビュー

明話事典

今日は何の日カレンダー

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

歴史の雑学

フリー写真素材集

名言や格言集

情報検索に役立つコンテンツ