知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

ブロッコリーはビタミンCが豊富

ブロッコリーの写真

日本でブロッコリーが一般的に食べられるようになったのは、1970年代からで比較的新しい野菜になります。

花芽の部分が大きい野生のキャベツを改良して生まれました。

ブロッコリーは栄養価が高い~特にビタミンC

多くの栄養素をバランスよく含むブロッコリー。
中でも、ビタミンCの量は飛びぬけて多い緑黄色野菜で、100g食べれば成人一日の所要量を満たすほどです。

普通食べているのは、これから成長する「つぼみ」が集まった部分なので、栄養価が高いのは納得です。
そのまま置いておくと、黄色くなって花が咲き、糖質もデンプンへと変わってしまいます。
鮮度が落ちると甘みだけではなく、栄養価も下がってしまうので早めに食べた方が良いです。
食べる時はビタミンCを効果的に摂るため、さっと加熱することがポイントになります。

茎は捨ててしまう人も多いようですが、つぼみ同様に栄養価が高いので、残さず食べたいものです。
この茎の美味しさを楽しめるように作られたのが「スティックセニョール」という食べ物です。ブロッコリーより茎が柔らかく甘みがあります。

また、ブロッコリーには劣りますが、同じく栄養価が高いカリフラワーは白いものほど良品とされてます。
カリフラワーはブロッコリーの突然変異で生まれたものですが、色は白だけではなくオレンジや紫等カラフルなものもあります。

関連記事

食べ物の豆知識

人の体の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ