知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

白い大根を煮ると透明になる理由

大根の煮物の写真

日本人の食生活に馴染み深い大根。

大根と言えば「白い野菜」とイメージするでしょうが、煮ると透明になります。なぜでしょう?

大根が白く見える正体は「水」

まず、大根が白く見えるのは、白い色素を持つからではなく、大根の中の空気のせいです。

大根の内部には小さな孔があり、表面には無数の凹凸があります。

凹凸に光が当たって乱反射して、大根は白く見えるわけです

しかし、大根を水で煮ると、水が孔や凹凸の中に入り空気を追い出します。

水がなくなると、光の乱反射がなくなり、光が大根の中に入り込んで、半透明に見えるようになります。

半透明の曇りガラスのザラザラした面に水をつけると、光が通りやすくなって透明になる原理と同じです。

関連記事

食べ物の豆知識

サーチアイレット > 教えて知恵袋 > 食べ物の豆知識 >

人の体の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ