知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

大豆はいろいろな食品の原料になる

大豆の写真

大豆の栄養は、牛肉や豚肉とよく似ているので(タンパク質が多い)、「畑でとれる肉」とも言われてきました。
昔の日本では、牛肉や豚肉を食べる習慣がなく、代わりに豆を食べて、肉と同じ栄養を摂取していたわけです。

大豆にはタンパク質の他、必須アミノ酸がたくさん含まれており、脂肪やビタミンB1、食物繊維等も含まれています。

そんな大豆ですから、いろいろな食品の原料となっています。
大豆がどんな食品の原料になっているのか、簡単に紹介します。(※正確には、それぞれの食品に適した大豆の品種があります。)

大豆を煮て、発酵・つぶす

大豆を煮てから発酵させると、納豆、味噌、醤油の原料になります

大豆を煮てからつぶして、絞ると「豆乳」や「おから」になります。
豆乳を温めると「ゆば」になり、かためると「豆腐」になります。

豆腐を焼くと「焼き豆腐」になり、油で揚げると「油揚げ」や「厚揚げ」「がんもどき」になります。

大豆の成長過程にできるもの

また、加工せず成長途中で収穫して、一般に食べているモノもあります。
芽が出て収穫したものが「もやし」であり、茎が伸びて収穫したものが「枝豆」であります。

昔の人の知恵

大豆は、「そのままだと固くて食べ難いけど、栄養があり味もあり、しかも栽培にそれほど手がかからない」ということで、昔の人が考えて作られた食べ物が前述したモノです。

その他にも、しぼって油として利用したり、煎って「豆」や「きなこ」として食べられています。

関連記事

食べ物の豆知識

サーチアイレット > 教えて知恵袋 > 食べ物の豆知識 >

人の体の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ