知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

ゴボウを食べるのは日本人だけ?

きんぴらゴボウの写真

ゴボウは繊維質が多く、便秘症に効果があり、アルカリ性食品なので塩分をとり過ぎる人にはオススメの野菜です。
歯応えの良さで、きんぴらやかき揚げ等に使われ日本人の食卓には欠かせない食べ物となっています。

ゴボウは日本で野菜に改良された

原産地は中央アジアで、初めは中国から日本に薬用植物として入ってきました。
そのゴボウを日本人が江戸時代から明治にかけて野菜として改良して、食べるようになりました。

旬は梅雨の季節の6月と7月です。
頭の先に緑の茎がついた新ゴボウは、柔らかく瑞々しく、1年中で一番美味しいと言われています。

ゴボウを食べるのは日本人だけ~欧米では?

そんなゴボウを食べるのは意外にも日本人だけです。

戦時中の日本の収容所でアメリカ人やイギリス人の捕虜にゴボウを食事として出したところ、戦後「日本人に木の根を食べさせられた」と捕虜虐待の罪で戦犯になってしまったというエピソードもあるようです。

ただ、現在の欧米ではハーブ(バードック)として使われているようです。

関連記事

食べ物の豆知識

人の体の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ