知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

干物が長持ちする理由

干物の写真

ご存知の通り、生魚はすぎに腐ってしまいますが、干物は日持ちします。

普段「なぜ?」と無意識である方が多いと思われますが、干物が長持ちする理由を知れば、生魚も少々長く保存できるかもしれません。

水分と塩の濃度の違いが理由

生魚が腐るのは、細菌・酵母・カビ等の微生物が、タンパク質や脂肪を分解するためです。

しかし、魚に水分が少ないと微生物の活動はにぶり、腐りにくくなります

干物を作る際に、天日干し等で水分を飛ばす理由です。

また、干物を作るときは、魚を塩水につけます。

魚を塩水につけることによって、魚の水分が塩水の中に溶け出し、天日に当てたとき、水分がより蒸発しやすくなります

しかも、微生物の多くは塩分を苦手とします。

塩水につけると、塩分の殺菌作用で微生物は繁殖しにくくなります。

したがって、生魚を保存する際も、少々塩水につけてから保存すると長持ちすることになります。

ただし、つけすぎると水分を含まぬ生魚になり…、美味しいかどうかは疑問ではあります。

関連記事

食べ物の豆知識

サーチアイレット > 教えて知恵袋 > 食べ物の豆知識 >

人の体の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ